男女の出会いは感覚的なもの

私は、男女の出会いについて、感覚的なものがとても大きいと私は思っています。
これは、私だけではないのかも知れませんが、男女で出会ったときに、その人と良い関係になれるかどうかということは、会ったときに二言、三言話せば、何となくわかるということです。
これは、その二言、三言の会話の中に、意外とその人のすべてが詰まっているからで、それを会話の中に感じ取っているからだと私は思っています。
たとえば、そういった初対面の人と出会ったときに、きちんと礼儀正しくあいさつをするのか?それとも、フランクに接してくるのか?ということでまず分かれます。
これは、礼儀正しくあいさつをすることが必ずしも好印象になるとは限らず、フランクに接してくる人のほうが良いという人もいますので、一概にはどちらが好印象とは判断できません。
ですが、こういったことからも、人の印象というのは決まってくるものであり、それは男女の出会いであれば、なおさら大きな影響があると私は思っています。
そのくらい、男女の出会いというのはとても感覚的なもので、論理的に解釈できるものではないと思います。
ですので、そういった感性を鈍らせることなく、しっかりと男女の出会いを見極めていきたいと私は思っています。