男と女としての出会い

高校2年生のときです。
私は私立に通っていました。
N君も同じ高校、同じクラスでした。
彼とは小学校から同じ学校で、中学校1年生から3年生まで同じクラスで、高校1年生、高校2年生のときも同じクラスでなんと連続同じクラス5年目となってしまいましたのでそれはもうとても仲がよかったです。
読んでる漫画も同じでしたし、家も近いので学校でもよくつるんでました。
彼はバスケ部で筋肉質な身体、ほりの深い目と整った顔立ちをしていて、バカなことがすきで彼のまわりはいつも明く笑顔がたえなかったです。
学校でもちょっとした有名人でした。
そんな彼だからすぐに彼女ができました。
その彼女は私の友達でもありました。
そのとき私は彼を恋愛対象としては見ていなかったので素直に応援していました。
しかし何故かふたりはうまくいかず私が彼と彼女の相談役になっていました。
もう想像はつくと思いますが、大抵こんな状況になったときは相談役が恋に落ちるものです。
案の定私は彼をすきになってました。
男と女としての出会いでした。
彼は彼女と別れ、しばらく経った高校2年生の夏、私は彼と付き合いました。
この出会いが人生で一番輝いていた時間を作り出してくれたことが今ではいい思いでです。
彼とは今でもすごくいい友達です。